こんにちは
管楽器リペアテクニシャンの畑田延浩です。

神戸市北区の田畑に囲まれた所で、
管楽器の修理と自然農での野菜作りをしています。

普段は常に一人で仕事をしていますので、
家族以外の話し相手がいません。

さびし〜

と言うことで、誰か話を聞いてください。

経営している管楽器の修理専門店
管楽器のメンテナンスショップHATADAの
ホームページはこちらです

2014年07月31日

神戸Jazz

中学・高校のビッグバンドをプロが指導して、神戸文化ホールで発表する。
こんなイベントに協賛として参加しています。
新聞や雑誌の広告には財布の紐が固い管楽器のメンテナンスショップHATADAですが、
(これだから人目に触れない=新規さんが来ない)
イベントの趣旨が素晴らしいので、反応率も完全無視でパンフレットに名前を入れていただいています。

宣伝のみならず。
あまりにも学生にとっては素晴らしい機会なのに、楽器の調子が悪くて思うように演奏できなかったというのはもったいないので、修理工具を持って現場に待機しています。

昨日と今日も、ポートアイランドにあるジーベックホールでのワークショップに、工具一式を持って行って来ました。
あくまでいざというときのバックアップなので、何もすることが無いことが一番です。
ヒマが最高!
仕事が無い間は、ワークショップの会場にお邪魔して、プロの指導を見学してきました。

ある程度演奏が出来るようになってくると、忘れてしまいがちですが。
中学生・高校生が抱えている問題は、長年演奏を続けている僕たちが忘れてしまった「不自由さ」を拡大して教えてくれます。
不自由なことを、ごまかす技術を身につけて、出来ていないのに出来たような錯覚を持ってしまっていること、どのような分野でも結構多いと思います。
自分の仕事でも、車の運転でも。

今回も良い勉強になりました。
協賛金として支払う金額以上のものを持って帰っていると思います。

このワークショップ
実は見学自由なんです。
詳しくは下記のリンクでご確認ください。
http://kobejazz.ac/
posted by ハタヤン at 21:37| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。