こんにちは
管楽器リペアテクニシャンの畑田延浩です。

神戸市北区の田畑に囲まれた所で、
管楽器の修理と自然農での野菜作りをしています。

普段は常に一人で仕事をしていますので、
家族以外の話し相手がいません。

さびし〜

と言うことで、誰か話を聞いてください。

経営している管楽器の修理専門店
管楽器のメンテナンスショップHATADAの
ホームページはこちらです

2015年01月16日

旧式です。

子供が小学生に上がる年に、家族で遊べるスポーツをということで、20年ほど休んでいたスキーを再開しました。

ところが20年という年月は、スキーの板を大きく変えてしまっていたのですね。
再開する前は最後に滑ったのが23年前。
ロッカーどころかカービングすら無く、身長よりも長い板をズラしながら曲がっていた時代です。
いわばドリフトであり、豪快に横滑りさせて曲がるのがスキーの楽しみだと思っていました。
ところが再開して最初に借りた板はカービング。
体を倒しただけで曲がってしまいます。
ズラしてスピードを押さえようとすると、エッジが引っかかって転倒してしまい、感覚の違いに慣れるのにかなりの時間がかかりました。
3年くらい前からは、大半のレンタルがロッカーになりました。
今度は板の反りが殆ど有りません。
「この方が簡単だから」と言われますが、滑ることを楽しむよりも、板と雪を足で感じて滑りたいので何か物足りなく感じました。
マニュアル車とオートマの違いに似ていますね。
僕は絶対にマニュアル派です。

ところが
前回のスキーでたまたま入ったレンタルショップで借りた板が、懐かしく感じるくらい古い板で。
値段が安いのは嬉しかったのですが・・・
滑り始めるまで、正直言って不満&不安でした。
ところが、メンテが良いのかエッジもワックスも非常によく、スキーを再開して5年の間で借りた板の中では、ベストと言い切れる素晴らしい板でした。
面白いことに大半のレンタルショップは「ロッカー」を売りにしていて、この店だけは「カービングあります」と店先に張り紙が有り。
そして出てきた板は、明らかにカービングでもない!
そう、この感覚が欲しかった!
板をコントロールして滑る。
スピードを出したいときはエッジでカービング(テクニック上の)も出来るし、ゆっくり滑りたいときはズラせば良い。
スキーは技術で遊ぶもの。
誰でも曲がれる板を使って面白いですか?
僕の頭が古いのですか?

posted by ハタヤン at 11:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。