こんにちは
管楽器リペアテクニシャンの畑田延浩です。

神戸市北区の田畑に囲まれた所で、
管楽器の修理と自然農での野菜作りをしています。

普段は常に一人で仕事をしていますので、
家族以外の話し相手がいません。

さびし〜

と言うことで、誰か話を聞いてください。

経営している管楽器の修理専門店
管楽器のメンテナンスショップHATADAの
ホームページはこちらです

2011年10月25日

新島

月曜日は一応の休日として、普段は手が出せない雑多な用事を済ませる日と決めています。
ちょっと遠方への買い物だったり、時間のかかる調べものや勉強だったり・・・。
でも、時々全く何も用事が無い日もあります。
昨日がそうでした。
天気がよいので畑に行くことも考えましたが、心を鬼にして(?)「定休日」を敢行!
特に予定も立てずに、釣り道具とカメラと弁当を持ってGo!

引き潮で東向きに潮が流れているので、東向きに突堤のある二見人工島に行くと、工事中で釣りが出来ず。
隣の新島に移動して、人もまばらな南向きのテトラで釣り始めました。
そう・・・南向き・・・3gのジグヘッドでも潮に流されて釣りになりません。
すっかり引き潮だということを忘れていました。
右に投げたのに、ワームは左から戻ってきます。

子供の頃、近所の渓流でスピナーベイトを投げていた時みたいですね。
でも底が取れない状態で根魚狙いは成立しそうにないので、思い切ってタックル変更。
ロッドケースに忍ばせてあった1.5mの片手投げ竿に、何故かタックルケースに入っていた3号の中通しオモリを付けた「ぶっ込み釣り」仕掛けにワームをセット。
右前方に投げ込んでも、1分くらいで左側に流れてテトラで止まります。
止まったら根掛かりする前に巻き上げて、右へキャスト。

で、釣れたのが10cmくらいのガシラ。
当然リリース。
結局1時間でこの1匹。
ますます流れが速くなってきたので、釣りを諦めて昼食。

そう言えば的形を何度も通っているのに「小赤壁」に行ったことが無いので、少し足を伸ばして見ました。
なんか「このまま行くと誰かの農地で行き止まり?」といった不安に襲われる上り道を抜けると、突然駐車場。
ここに至ってもこれと言った案内もなく、展望台らしき建物を目指して階段を上るとようやく海が見えました。
でも肝心の「赤壁」が見あたりません。
開けた公園のような場所を東西にウロウロ・・・西の端には神社があり、下に降りられそうな路は通行止め!
東側は何の案内もない山道が延びています。
とりあえず行ってみますが、海岸に降りていく気配もなく、諦めて帰りかけると何となく降りられそうな岩が目に入りました。
両手両足でしがみついて、ようやく安全が確保出来るような道(?)ですが、ここまで来たのでとりあえず降りてみます。
またもや子供の頃の記憶、山でこんな遊びしていましたね。
20mほど降りたところで「道」は途絶えました。
ロープがあった痕跡はありますが、そこから先はリポビタンDの領域のようです。
ちょっとスリリングでしたが、最高の眺めを独り占め出来ました。
もちろん写真にも納めています。

で、帰り道でタマネギの苗を400本購入。
あ〜一気に現実に戻った!

帰ってから地図を見て・・・もう少し西に走って中島まで行けば東向きに竿を出せたのね。
posted by ハタヤン at 22:56| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: