こんにちは
管楽器リペアテクニシャンの畑田延浩です。

神戸市北区の田畑に囲まれた所で、
管楽器の修理と自然農での野菜作りをしています。

普段は常に一人で仕事をしていますので、
家族以外の話し相手がいません。

さびし〜

と言うことで、誰か話を聞いてください。

経営している管楽器の修理専門店
管楽器のメンテナンスショップHATADAの
ホームページはこちらです

2008年11月19日

ジャカジャン

昨年末に購入して、正月くらいまで娘がジャカジャカ遊んでいたギターを、久しぶりに出してきて仕事場に置いています。
ヒマを見つけてこっそり練習しているのですが、指の腹が柔らかいので、どうしても2弦同時に押さえてしまいます。
練習していれば解決することなのでしょうか?
高校生の時は音楽の授業の大半がギター(あとの半分はアンクルン。知っています?)でしたが、学校はクラシックギターでした。
弦の間隔が広いので、そのときは問題を感じなかったのですが、フォークギターは間隔が狭い。
狭い方がコードが押さえやすいから?
ウソー?!
何か間違ったことしてるのかな?

今朝、ついに氷点下。
冬ですね〜
posted by ハタヤン at 05:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

古くて新しいパートナー

081112_1628.jpg仕事場の暖房は今まで電気ファンヒーターを使っていましたが、家屋内の摩訶不思議な配線のおかげで、家族が起きてくる朝6時頃に決まってブレーカーが落ちる毎日です。
原因になっている一極集中配電盤も、いずれは何とかしないといけないですが、簡易な解決策として石油ストーブを使うことにしました。

実は昨年に反射式の石油ストーブを試したことがあったのですが、正面が熱くなりすぎて使いにくかったのです。
何か良い物はないかと物色していたら、偶然見つけたアラジン・ブルーフレーム。
東急ハンズで現物を見てみると、なぜだか懐かしい、というか記憶にあるのです。
形と言い、点火方法といい、子供の頃の記憶の中に間違いなくこのストーブが存在しています。

そこで、母親に聞いてみると「つかっていた」と。
そして納屋の中で発見!
39型の前期ということは、僕が小学校低学年の頃に使っていたみたいです。
早速点火と行きたいところですが、芯が全く動きません。
25年も放置されていたから当然ですね。
「こう言うときはプロに任せる」
ということで、阪神サービスさんにオーバーホールをお願いしました。
2日間の入院で見事復活!
明日から仕事場で熱燗が・・・基、暖かいコーヒーが飲めます。
posted by ハタヤン at 16:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

5円でも・・・

いつも昼食の弁当を買うスーパーで、レジ袋が今月から有料になりました。
それ自体は良いことです。
僕も買い物袋は常に持ち歩いています。

ところが、この店はレジ袋を有料化してMy袋を推奨していながら、店内でMy袋が販売されていないのです。
店員に聞いても「置いていません」でした。
事実上レジ袋を5円で商品化したと言うことでしょうか?

何故気になったかと言いますと、お弁当用のMyバッグを探しているからです。
お弁当の人気が高いこの店なら、弁当用のMyバッグが用意されているかもしれないという期待があったのです。
残念ですが弁当は諦めて、持っていたコンビニ袋に入る総菜パンを買いました。

いつもなら弁当を買う人で、レジが行列になる時間ですが、弁当は山積みで行列どころか人気は無し。
たかが5円、されど5円。

弁当用のMyバッグ、結構良い商売になるんじゃない?
posted by ハタヤン at 07:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

アナログ復帰

携帯電話(実際はPHSですが)という物を使い始めてから、腕時計を使うことが無くなりました。
仕事場にもパソコンの中にも、携帯電話にも車にも、至る所に時計があるので、携帯する時計は電話だけで良いと思っていました。

6年ほど、腕時計のない生活を続けていると、携帯電話の時計が結構不便なことに気が付いてきました。

仕事で演奏会などに同行すると、ホール内で電源を切ると時刻が分からない。
畑で土の付いた手で操作できない(しても壊れないけど、後が大変。)
暗いところで操作すると結構目立つ。
手にとって時刻が確認できるまで、意外と時間が掛かる。
レンタカーのトラックなど、時計の信頼できない車を運転中に、携帯電話を不用意に手に取ると、警察に余計な疑いがかけられる。
出張修理に行くと、時計のない場所が結構多い。
アナログの時計なら方角が分かる。
秒針を見ながら楽器の練習が出来る。

ということで、電池が切れてから放置していた腕時計の電池交換に行ってきました。
劣化していたパッキンの交換も含めて840円。
高校受験の為に買ったアルバは、20年後でもしっかりと時を刻んでいます。
posted by ハタヤン at 05:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

これだー!

先週に引き続き、闘竜灘にドライブです。
娘が気に入ったみたいで、金がかからないので時間さえあればいつでもOKです。
帰りに、先週は臨時休業だった酒蔵に寄りました。
いつものパターンで純米酒の4合瓶と原酒の300mlを購入。
端数を負けてくれた、ちょっと嬉しい。

いつもの鯛焼きを買いに遠回り。
小野の市街地の少し外にあります。
超お勧めですが、細かくは教えません。

夕食に早速酒を。
これが自分の好みにクリーンヒット!
倭小槌を見つけた時以来です。

北に向かう仕事、大歓迎です。
posted by ハタヤン at 09:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

四苦八苦

パソコンを始めた頃(まだ8801が健在の時代)から慣れ親しんできた総合オフィスソフトが、時代の流れに負けてついに限界。
昔はこちらの方が主流だったのですが、いつの間にかMS帝国が世界を制覇してしまい、頂いたファイルを開くことがほとんど出来なくなってしまいました。

自分のパソコンだけで使用するのなら、全く問題ないのですけどね。
時代の流れには逆らえません。
しかし・・・・高いですね〜
流行りの5万円パソコンが買えますやん。

別に高度な機能は必要ないので、ヨーロッパで着実に反撃の勢力を築きつつあるOpenOfficeを導入しました。
これなら某93のファイルが読める。
そして、何より無料!

表計算とワープロの操作は違和感なし。
ただし、データベースが・・・・・・・あまりにも違いすぎ。
以前のはいきなりデータの入力から出来たのに、テーブルの定義やらフィールドの属性やら。
データの入力以前の作業が、言葉が違うこともあり四苦八苦。
とりあえず入力が出来る状態になるまでに、半日かかりました。
posted by ハタヤン at 16:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

秋だからというわけでは無いけれど

本を3冊も買いました。

毎月1冊の本を買って、勉強するように努めています。
今月はラジオで聞いた本が気になって、本屋さんで探しましたが、なかなか見つかりません。

原巨人を大逆転優勝に導いた1冊。
北島選手の速さの秘密。
勝負脳・・・
これだけのキーワードで探していたので、なかなか見つかりません。
ビジネス能力の啓蒙書なのかな?
スポーツ理論なのかな?
医学書なのかな?
心理学?
こんな感じでウロウロしていると、「脳」というキーワードではあまりにも有名な茂木健一郎氏の本を発見。
こちらもラジオで聞いて気になっていたので、2冊購入。
そして、ビジネス書で気になったタイトルを1冊。
結局は探していた本は見つからず。

あとで検索すると、新書だったんですね。
また行ってきます。
posted by ハタヤン at 06:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

勉強になりました

お客様の大切な楽器を修理するという、非常に緊張感のある仕事をしていますが、その中でも歴史的名器に触れるときの緊張感は「恐れ」に近いものがあります。

ジャズ奏者にはおなじみの超大手サックスメーカー米工場が、最後の2年間に製作した超新星のような逸品。
パッドの在庫が無かった為に、修理を始めるまで1ヶ月近く、分解した状態でお待ち頂くことになりました。
その間、仕事の合間に手に取ってみるたびに、大量生産では実現出来ない、職人の魂に圧倒されました。
パッドが届いても、「これを自分が直しても良いのだろうか」と少しためらいましたが、作業がしやすいのも名器の常。
ポリシーのある楽器は、仕上がりのイメージが明確なので、仕事自体は現在の安価な楽器よりもスムーズです。

徹底して手作業で調整された、全くスキのないメカニズムは、こちらの勝手な都合を全く許してくれません。
楽器の要求通りの作業をすると、自然に落ち着くべき場所が見つかります。
本当に勉強になりました。
25年前の大先輩に感謝し、検品という名目で素晴らしい楽器を堪能しました。
posted by ハタヤン at 16:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

雨の畑で

自然農なので畝の上以外は背丈ほどの草が茂った畑の一角、草が不自然に倒れている部分がありました。
気になって覗いてみると、青鷺が死んでいました。
体長90cmはあるとはいえ、鳥1羽が倒れているだけにしては周囲の草が広く踏み倒されています。
犬か何か大きな動物が来たのでしょうか?

山の中なので、狩猟に来る人もいます。
今は禁漁期ですし、畑は猟区の外にあるので、常識ではあり得ませんが、禁漁期に畑で散弾の薬莢を拾ったことが何度もあります。
鷺は狩猟の対象にならない鳥ですので、ここで狩があったとは考えられませんが、過去には同じ場所で銃口を向けられたこともあり、改めて気を付けなければと思いました。

自然農では、死んだ動物は他の動物が食べ、糞をまた他の生物が食べ・・・自然の流れの中で植物の養分となります。
埋めたり持ち出したりせずに、このまま自然の力に任せることが、長い時間の中で豊かな畑の源になります。

青鷺を畑に分けてくださった自然に感謝します。
posted by ハタヤン at 06:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

公私兼用

野菜の配達帰りに寄ったショッピングセンターで、スーツケースを物色。

最近は出張修理が増えてきて、電車などで赴くこともあります。
巨大な工具箱を持っての移動は、ちょっと非現実的で、肉体的にも精神的にもちょっと厳しいです。
かといって工具やパーツを絞って行くのは不安。

と言うことで、どこを歩いても奇異な存在にならず、大量の荷物をひとまとめに持ち歩くことが出来る入れ物は?
スーツケースが一番。

いざ買いに行くと、大きさが色々あって、60から75の間でかなり悩みました。
大は小を兼ねると言うことと、家族4人で1泊2日の旅行にちょうどよいということで、75を買いました。
実は悩んだサイズは、全て1万円ということが決め手になりました。
同額だったらデカイの買っちゃえ!

早速2日連続で出張修理。
いつも持ち歩く工具とパーツを入れてみると、片側に工具、蓋側にパーツで専用のようにピッタリ。
コロコロ転がして移動もラクラク。
posted by ハタヤン at 06:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

書いてみるもんだね

「クラリネット プリーズ」なんて書いたら、本当に来ました!
しかもEbとBbの2本も。

いや〜 驚いた


営業車のペダルを購入しました。
アクセルペダルが小さくて、シフトダウンの時によく踏み外すので、アクセルとブレーキペダルの間隔を小さくすることにしました。
とは言っても、大抵は乗用車用の製品なので、ほとんどのアクセルペダルは下膨らみ。
トラックは踵がブレーキ、つま先がアクセルなので、どちらかと言えば上膨らみが欲しいのですが・・・
結局は妥協して、ほとんど長方形のを買いました。
うまくいけばローリングトゥが実現できる?
posted by ハタヤン at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

続いた

前回の日記の続き・・・

ホルンは続きませんでしたが、アルトホルンとテューバが来ました。
金管楽器が続きましたね。
合間にアルトサックスを分解したりして、無理矢理断ち切って見たりしています。
あっ、これも真鍮製。
あとはフルートしか無いか・・・・金属ばっかり

クラリネット! プリーズ
posted by ハタヤン at 06:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

クラッシュ

かなり久しぶりの板金修理です。

ふだんは木管楽器の調整ばかりですので、かなりビビリながら作業しています。
学生の頃は得意な方だったんですけどね・・・
posted by ハタヤン at 07:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

連投

ただいまフルートを3本連続で修理中です。
その前はサックスが続きました。
昨日ホルンを預かりました、今度はホルンが連続になるのでしょうか?


先日、衝動買いで購入したカメラボディが意外と使えます。
子供を連れているときは、オートフォーカスがあると便利ですね。
絞りとシャッタースピードもカメラ任せに出来るので、日常使いに重宝しそうです。
posted by ハタヤン at 06:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

衝動買い

納品の帰り、空荷だったので以前から気になっていた中古レンズを見に、カメラやさんに寄りました。
一眼レフの手持ちレンズが70mmまでしか無いので、その先の望遠レンズが欲しいのです。
タムロンのズームレンズ、200mmまでのA03と300mmまでのA06。
値段差は3000円。
300mmが必要なければコンパクトなA03は魅力的なのですが、やっぱり300mmの方が安心感があり。
店員さんにボディを貸してもらって、実際に覗いてみました。
分かり易いターゲットとして、入り口横でクールピクスを持つキムタクにズームイン!
結局は大は小を兼ねると言うことで300mmに決定。

貸してもらったボディ「u」が5800円だったので、ついでに購入。
フラッシュ付きのボディが欲しかったので、予算オーバーでしたが買っちゃいました。
先日、別の店でuを見つけたときは、ズームレンズが2種類付いていてかなり気になったのですが、愛用のFM10に使えないGタイプだったので断念していました。

28〜300ズームのAFカメラが一台出来たついでに、レンズの共用ができて無駄がない買い物でした。
posted by ハタヤン at 16:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

ズ〜ムイン

愛用のカメラ「ニコンFM10」に使う、望遠寄りのズームレンズを探しています。
標準セットの35〜70mmと単焦点の50mmを持っていますので、この続きになる50〜300をカバーできれば理想です。

[u]と言うカメラ本体に2種類のズームレンズがセットになった中古品をネットで見つけて、見に行ったのですが、マニュアルフォーカスに使えないGという種類のレンズでした。 残念
2万円でカメラ本体とレンズ2本が手に入ると喜んだのですが、そんなに美味しい話はありませんでした。

英賀保に条件にピッタリの中古レンズを発見!
見に行くぞ〜
10月の地元の祭りには望遠レンズが必須なので、カメラやさん巡りは急務です。
ついでに本体も・・・2万円の予算では無理かな?
広角レンズも欲しいよ〜
posted by ハタヤン at 06:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

週末の寄り道

仕事は月曜日が休みです。
なので日曜日の夜にお酒を飲みます。

どこか遠くに行く機会があれば、現地の地酒を買って来ることにしています。
何もなかった週は、良く通る道近くの3軒の蔵本のいずれかに寄ってきます。

今週のお酒は、そのうちの1軒「ふく錦」。
この蔵のショップは、土日のみ夜遅くまで開いていますので、仕事が長引いたときに重宝します。

9月と言えば「ひやおろし」
いつものよりも少し高いですが、日本酒は季節を楽しむお酒です。
この蔵のお酒は、甘味に厚みがあり、口の中に酸味が残りません。
そして肉料理と相性が良いので、ソーセージやサラミをつまみに、F1観戦にもってこいです。

と言うことで、今夜はベルギーGP。
前戦のバレンシアを寝過ごして見逃してしまったので、今回は絶対に寝てしまわないように、気合いを入れて子供を寝かしつけます。
posted by ハタヤン at 06:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

くらいもあめ

朝3時に起きて、昨日お預かりしたクラリネットの修理。
ちょっと大きな音が出る作業なので、本格的な作業は5時から始めることにして、全体的な調整から始めました。
昨年春に調整した楽器ですが、大切に扱って頂いているようで、ほとんど狂いがありません。
1箇所バランスを調整するのみで終わりました。

かなり時間が余ってしまったので、休日に子供を連れ出すイベントをチェック!
7月に見たエアロバティックに僕自身がハマッてしまっているので、そのときの出演機のHPを見てみると、今月末に和歌山に来るんですね。

クラの修理は順調に終わり、6時から畑で収穫作業。
島オクラが絶不調・・・一袋出来るかな?
Nさん御免なさい、今日も野菜少ないです。

午前は昨日切っておいたジャガイモの植え付け。
自然農では草を刈って、シャベルでグイッ、芋をポイッ、足でギュッ。
刈った草でバラバラと表面を覆って、おしまい。
多少力はいりますが、実に簡単スピーディです。

ビールが飲めないのが恨めしい昼ご飯を食べていると、雨がバラバラ。
ナイスタイミング! 雷様ありがとう
と思っていたら直ぐ止んだ・・・・今夜に期待。
蕪の種も昨日播いたので、雨降って欲しいです。
posted by ハタヤン at 13:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

梅雨にあまり雨が降らず、夕立の無い夏が終わったと思えば、この1週間はほとんど雨。
畑の作物は涼しくなったこともあり、ようやく元気になってきましたが、生長が後れている為にタネが採れるかどうか、不安になってきました。
小豆と黒豆、ニガウリは絶望かもしれません。
また市販のタネから出直しですね。

今日の修理はピッコロ2本とバリサク。
何とも両極端な1日です。
posted by ハタヤン at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

本日の酒

たまたま立ち寄ったデパートで、滋賀の地酒「道灌」の特売をしていました。
宝塚に行った帰りですので、「白雪」あたりの純米酒を探しに来たのですが、見つからず、
「神戸では入手できない」の言葉につられて、再び道灌のところへ戻ってみました。

草津の太田酒造「道灌」は知っています。
瓶を手に取り、ラベルを見ると神戸市東灘区の文字・・・?
灘に蔵があったんですね   知りませんでした。

それならば今日の通り道、と言うことで「一番伝統的な味」と説明を受けた1本を購入しました。

灘の酒というイメージで飲むと、大きく裏切られました。
酸っぱい!
完全に山間部の酒です。
強い酸味の中に、灘らしいザラザラ感がしっかりとあります。
灘では異色の能登杜氏と、本社が滋賀の酒造会社が灘で醸す酒。
偶然の出会いは意外な1本でした。
posted by ハタヤン at 07:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする