こんにちは
管楽器リペアテクニシャンの畑田延浩です。

神戸市北区の田畑に囲まれた所で、
管楽器の修理と自然農での野菜作りをしています。

普段は常に一人で仕事をしていますので、
家族以外の話し相手がいません。

さびし〜

と言うことで、誰か話を聞いてください。

経営している管楽器の修理専門店
管楽器のメンテナンスショップHATADAの
ホームページはこちらです

2016年11月14日

「音人(OTO)」体験装着会

イベントです!
佐賀県のKANファクトリー様が昨年発売し、管楽器奏者の密かなファッションアイテムとして人気の「音人(OTO)」の体験装着会を、管楽器のメンテナンスショップHATADAで開催します。
日時 11月26日(土) 10時30分〜18時
場所 管楽器のメンテナンスショップHATADA スタジオ内
駐車場有り 
各線谷上駅、神鉄箕谷駅、神鉄木津駅、神戸市バス箕谷駅前等、送迎可能ですので、事前にお問い合わせください。
気分UPでパフォーマンスもアップ!
ご来店お待ちしています。
13533002_660942240726324_8815353073198626711_n.png
14642303_886789701455663_5025700003605478181_n.jpg
14666294_886789481455685_4520115576236715550_n.jpg
14705850_886789728122327_4337708554921264482_n.jpg
14724581_886789424789024_5614760259262695889_n.jpg
posted by ハタヤン at 21:43| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

セミナーまだ空きがあります

ホームページの方ではFacebookからのリンクで宣伝しました、黒田雅之氏によるリードメイキングセミナー。
1週間後に迫りましたが、まだお申し込み間に合います。
お申し込みはメールもしくはお電話でお願いします。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~hatada-wind/
DSCN0506.JPG
posted by ハタヤン at 20:14| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

誠兵衛

噂のアルミ製リガチャー誠兵衛の試奏が出来ます。
販売は取り寄せになりますが、ご試奏の上ネットで購入いただいても全然気にしません。

ちなみに、試奏用は店長が検品で個人的に使いたいという理由で購入したものです。
DSCN0644.JPG
posted by ハタヤン at 21:48| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

価格改定

約20年前の開業以来、時々手直しはしながらも殆ど値段を変えていませんでした。
しかしながら、修理に必要なコストは年々増加しており、作業に要する時間と売上のバランスがおかしなまま、長年お客様には影響が出ないよう頑張ってきました。

20年を迎えたことで、この機会に修理の価格を見直すことにしました。
4月から適用の予定ですが、すでに原案は出来上がっています。
申し訳ありませんが、少々値上がりする項目があります。
材料費や手法の変更など、それぞれに理由がありますのでご勘弁ください。

木管楽器の基本料金につきましては、お客様のご希望の内容により、かなり大きく価格が変わる設定となっています。
より柔軟にご希望に対応できることと、作業内容によって不公平感が出ないようにするためです。
今まで以上に質問する項目が増えるかと思いますので、よろしくお願いします。
posted by ハタヤン at 22:33| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

ホームページ不具合の修正

長らくご不便をおかけしていました、ホームページの地図のリンクが切れていたのを解消しました。
posted by ハタヤン at 10:56| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

学生さん応援隊

管楽器のメンテナンスショップHATADAは、学校に営業に行っていません。
学校からの修理依頼も、原則として受け付けていません。
なので、学生さんから修理のご依頼を頂く機会が少ないのですが。
店長畑田も吹奏楽部出身。
学生の皆様を応援したい気持ちは、OBとして持っています。

開業20年になる記念の8月。
どうにかして吹奏楽部を初め、管楽器を演奏する学生の皆様の役に立ちたい。
この思いを商品にしてしまいました。

条件は「学生である」これだけです。
小学生から音大生まで、吹奏楽部に限らず個人的に楽しみで吹いていてもOK。
楽器を始めた瞬間から、卒業する年度の3月31日まで。
楽器のコンディションはお任せください。
学割チラシ14.08.18.jpg
posted by ハタヤン at 20:37| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

神戸Jazz

中学・高校のビッグバンドをプロが指導して、神戸文化ホールで発表する。
こんなイベントに協賛として参加しています。
新聞や雑誌の広告には財布の紐が固い管楽器のメンテナンスショップHATADAですが、
(これだから人目に触れない=新規さんが来ない)
イベントの趣旨が素晴らしいので、反応率も完全無視でパンフレットに名前を入れていただいています。

宣伝のみならず。
あまりにも学生にとっては素晴らしい機会なのに、楽器の調子が悪くて思うように演奏できなかったというのはもったいないので、修理工具を持って現場に待機しています。

昨日と今日も、ポートアイランドにあるジーベックホールでのワークショップに、工具一式を持って行って来ました。
あくまでいざというときのバックアップなので、何もすることが無いことが一番です。
ヒマが最高!
仕事が無い間は、ワークショップの会場にお邪魔して、プロの指導を見学してきました。

ある程度演奏が出来るようになってくると、忘れてしまいがちですが。
中学生・高校生が抱えている問題は、長年演奏を続けている僕たちが忘れてしまった「不自由さ」を拡大して教えてくれます。
不自由なことを、ごまかす技術を身につけて、出来ていないのに出来たような錯覚を持ってしまっていること、どのような分野でも結構多いと思います。
自分の仕事でも、車の運転でも。

今回も良い勉強になりました。
協賛金として支払う金額以上のものを持って帰っていると思います。

このワークショップ
実は見学自由なんです。
詳しくは下記のリンクでご確認ください。
http://kobejazz.ac/
posted by ハタヤン at 21:37| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

バーではありません

長年お世話になっているお客様の中に、「いつものとおりに」とご依頼くださる方が何人かいらっしゃいます。
共通していることは、最初の頃は非常に細かい指定があったのですが、何回か調整しているうちに「いつもの」と一言だけになっていることです。
複数の職人が大量の仕事を流れ作業でこなすような仕事をしていると、難しいオーダーかもしれません。
しかし管楽器のメンテナンスショップHATADAでは問題なくOKです。
なぜなら、開業してから(正確には修理の勉強を始めてから)修理した全ての楽器の修理内容を記録しているからです。
何か特別な「お好み」があれば、それも記録していますので「いつもどおり」というオーダーでも、お客様が何を求めていらっしゃるか分かるようになっています。

一流のバーテンダーやドアマンには遠く及びませんが、可能な限りお客様とお客様の楽器のことを、記録というツールの力を借りながら記憶するように勤めています。

もちろんプロの方とか一部のお客様だけのサービスではないですよ。
全てのお客様が対象です。
20年前に一度だけご来店でも、「前と同じ仕上がりで」もオッケーです。
でも、パソコンで検索できるのは8年くらい前までなので、いきなりはちょっと困るかも。
posted by ハタヤン at 09:32| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

衝撃の事実

ある店である物を注文したら「セットのものをバラすことになるので困ります」と言われました。
注文フォームには単品で買えるようになっています。
もちろん単品で値段もついています。

だったら、最初から書かないでください。
凄く期待したのに。

僕の修理価格表には、他の店では当たり前に書いてある修理項目が、いくつか書いてありません。
だって出来ないんだもん。
posted by ハタヤン at 09:27| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

山登り

まだまだ山の頂上は遠いと気持ちを引き締めた二日間。
そもそも技術に頂上なんて無い、或いは頂上に着いたと思ったら更に高い山を見つけてしまう世界です。
低いところで仕事をこなすことも可能ですが、より高いところを知っていると低地での仕事のレベルは桁違いにアップします。
「今でも十分出来ているのに、なぜ登る必要がある?」と問われるかもしれません。
「俺、こんな凄いことが出来るんだぞ!」と物理的に上から見下ろすためでは決して無く、スポーツの高所トレーニングのように、日常の仕事に余裕を作るために高度な作業にチャレンジしていると言えます。

同業者であれ、異業種であれ、より高いレベルを目指している方々との交流は、自身の向上に常に大きな力となります。
自分より上を知ることは、自分の出来ることを見つけること。
頂上=行き止まり
「自分は完璧だ」と思ったら、もう進む道は無いから下りるしかなくなります。
posted by ハタヤン at 08:11| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

グレードアップしました

土産物屋さんで見つけてしまったので
キセルを買ってきました。

管楽器のメンテナンスショップHATADAは、禁煙なんて野暮なことは言いません。
ただし、灰皿使用量として100円頂いています。
お金を貰うからには、灰皿は骨董品。
パイプとキセルもありますので、ちょっと日常と違う喫煙をお楽しみ下さい。
posted by ハタヤン at 10:51| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

通信簿

先日、大阪府の某所にて某社まーく6の復刻版の開発に携わった某氏の講習会を受けてきました。
せっかくだから今の自分をチェックしてもらおうと、敢えてY社のスチューデントモデルに、敢えて合わせにくいと評判のパッドを使用し、敢えて睡魔の襲いかかる夜中に、それでも自分の持っている物を絞り出して全パッド交換をして持っていきました。
しかも、交換後は一切ノーチェック!
これでボロボロに言って頂ければ、自分の問題点が良く分かると期待していたら・・・・キィの開きが狭い以外は「パッドは良く閉じている、キィのガタも無い。凹みは修理しましょうね。」で終わってしまいました。
キィの開きは、狭いと感じながらも、新品時の開きをそのままにしていました。
いつもはお客様が吹いてみた感想を聞きながら、キィの開きなどを調節しますので。

他の参加者にはかなりの辛口だったので、相当にドキドキしながら(しかも僕が最後)待って...いたら、「えっ、いいの?」といった感じでリアクションすら出来ませんでした。

学校を卒業してから20年間、先輩のいない環境でお客様の感想のみを頼りに技術を探ってきましたから、自分が出来ているのかダメなのか確認する良い機会と思って参加しました。
これって国際規格で合格ですか?
Y.D氏にも「言いふらしても良い」と許可を得ましたので、ホームページにも書いちゃって良いかな?

先生はこのお方 http://www.ateliersducasse.fr/index.html
posted by ハタヤン at 00:30| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

たまには良い腕試し?

出張修理から帰宅。
毎日これだけ仕事があると、相当な大金持ちになれる!
と思って見るも・・・こんなに仕事があったら、レベルの維持が困難だ!
一つ一つの状態を、じっくりと検証する時間が無い。

やっぱり、お客様の話を聞き、楽器の状態を可能な限り把握して、最適な作業で最高の状態を作り出すのが僕のスタイル。
posted by ハタヤン at 19:54| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

営業担当者に感謝

管楽器の修理をするのが仕事です。
どうすれば良い修理が出来るのか?
お客様が安心して演奏出来るように、技術力を高め、様々なセッティングの引き出しを増やすことが仕事であり、お客様の満足が次の仕事に繋がると願って、努力を続けてきました。
「職人」とよく言われますが、自分では恥ずかしくて「技術屋」と名乗ります。
いずれにしても商品は自分自身の「技術」です。

この自分が商品であることが曲者でして、見ず知らずの人に「自分を売る」ことは非常に難しいです。
せいぜい「私、管楽器の修理をしています。機会があれば、よろしくお願いします。」ていどです。
「世界一の技術を持っていますよ!」なんて自分の口から言えるとすれば、向上心を忘れた天狗だと思います。
技術力は周囲が評価するものですから、自分がどのようなレベルにいるかは自分では分かりません。
誰かが「あの人最高!」なんて紹介してくれれば、これほど嬉しいことはありません。
しかもこれ以上ないほど強力な広告になります。
技術屋にとって営業は専門外ですので、お客様の楽器と満足に営業を委ねるしかありません。
ホームページという「営業マン」を雇っていますが、彼は訪問者しか相手にしませんので、外回りが不在の状態で営業を続けていることになります。
幸いにして、多くのお客様が「管楽器のメンテナンスショップHATADA」について、周囲にお話しして下さっているようで、本当にありがたく思っています。

素晴らしい営業がウソにならないように、いつも「この瞬間が過去最高」を追求しています。
もしかしたら紹介して下さった人が嫉妬するかもしれないくらい、秒単位での進化を目指しています。
目と指先の間では常に緊張感が火花を飛ばしているかもしれませんが、それ以外では決して怖い人では無いと思っていますので、ぜひ「変な人知ってるよ」と話題にしてあげてください。
posted by ハタヤン at 07:41| Comment(2) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

お得意様限定の・・・

管楽器のメンテナンスショップHATADAは管楽器の修理専門店ですが、お客様のご要望にお応えしていくつかのサービスを行っています。
でも、あくまで修理のお客様へのサポートを目的にしていますので、お得意様にしか存在をお伝えしていません。

密かに人気を集めつつあるそのサービスとは?
・・・・・ナイショ。
posted by ハタヤン at 17:31| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

新年

あけましておめでとうございます。
新年も10日過ぎ、仕事もボチボチ始まって・・・なんてのどかな状況ではなく、いきなり全開で爆走中の年明けです。
本当にありがたいことで、こんな田舎の修理屋さんに足を運んで下さるお客様には、感謝の気持ちで一杯です。
感謝のあまり、ついついサービスしてしまいます。
いいんです、お客様が満足して笑顔で帰って下されば、これ以上の報酬はありません。

お金の為に仕事をすると、不思議と仕上がりに出てしまいます。
お客様には分からなくても、僕自身の心には見えてしまうのです。
だからこそ、常に最善を目指して作業しています。
時には自分に厳しすぎて、お客様を長く待たせてしまうこともあります。
もっと速く作業出来れば、と悔しいときもあります。
でも、お客様が首をかしげてお帰りになる後ろ姿を見送るくらいなら、笑顔で帰って頂きたいので、時間とお金のことを作業中に考えることはありません。
経営者としては、全く能力のない不適格者かもしれません。
だからといって、器用にお金を稼ごうとも思いません。
お金は仕事と信頼の後から笑顔に抱かれて付いて来てくれれば、これほどありがたいことはありません。
反対に策略と不信感に肩車されたお金は、怖くてとても手に入れようとは思えません。

新年早々、堅い話で申し訳ありません。
ちょっと時間があると、自分のあり方について考えてしまいました。
上記は自分が求めて歩いてきた道で、これからも歩くべき道だと信じています。
年始にあたり、今年の目標という意味で、ここに記してみました。

滅多に書くことにない、マジメな内容でした。
posted by ハタヤン at 16:30| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

ピアノ! 天竜の魂が入室

結婚した時に購入して、入籍から4ヶ月程後に行った結婚式二次会のネタ合わせから、今年ピアノを始めた長女の最初の楽器まで、10年間活躍してくれた電子ピアノが壊れてしまいました。
電気機器ですので分かってはいましたが、回路の故障であっけない最後でした。

ピアノが無くなっても、子供のレッスンは毎週あるので、のんびりしている訳にはいきません。
1年続いたらアップライトピアノを買う予定にしていましたが、急遽半年前倒しして大急ぎで探し始めました。

当初、KAWAIで総額20万円弱の中古が候補になっていましたが、楽器店で在庫表を見ているとETERNAが!
YAMAHAのブランド名としてETERNAをご存じの方も多いかもしれませんが、元々は1969年にヤマハと合併した「天竜楽器製造」のブランドです。
ヤマハのエテルナなら興味はありません。(ヤマハさんゴメンナサイ)
天竜楽器ならば迷う必要はありません!
と言うことで楽器店に確認すると・・・天竜楽器・・・即決!
DSC_5006.JPG
DSC_5007.JPG
家族の練習のみならず、お客様にお貸しするスタジオなので、ちょっと面白いピアノを入れたかったのです。
60歳以上の方なら知っている。(?)
知らない人は全く知らない。
でも、非常に良い楽器。
奇跡的なほど最高な逸品を入手出来ました。
DSC_5008.JPG
ピアノのデザインに興味がある人は気が付いたかもしれませんが、この楽器「猫足」なんです。
すごいでしょ〜!
・・・何が凄いか分かりませんか?
では、楽器店で「黒の猫足ありませんか?」と聞いてみて下さい。
ほかにもトップの蓋が丸く面取されていたり、デザインの細部に手が込んでいます。
ピアノの弾けない僕ですが、技術者の目線で見ていても楽しいピアノです。
DSC_5009.JPG

出会いあれば別れ有り
10年間の思い出が詰まった電子ピアノは、新しいピアノを運んできたトラックでお別れになりました。
形見では無いですが、椅子だけはスタジオに残って、親子、もしかしたら姉妹での連弾に末永く活躍してくれます。
DSC_5003.JPG

さあっ!
木工の町「天竜」が産んだ逸品が、どのような音色なのか?
是非スタジオに遊びに来て下さい。

・・・調律がまだなんです・・・それがまた良い味を醸していることも確かなのですが。
12月初めに調律の予約が取れました。
面白いのは今のうちですよ〜   なんのこっちゃ


また自分よりも年上の楽器が増えてしまいました・・・・。
別にビンテージ趣味では無いつもりなのですが。
posted by ハタヤン at 06:28| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

バランス

例年、修理の仕事が少ない時期です。
文化の日前後1ヶ月が、なぜだか一番ヒマなんです。
神戸では「元町ミュージックウィーク」や「神戸Jazz」や「Jazzストリート」や「神戸市吹奏楽祭」や、各高校の文化祭に市民バンドの発表会・・・etc、文化活動は活発な10月・11月です。
何故なのでしょう?
練習が忙しくて、調整どころでは無いのでしょうか?

原因は分かりませんが

農業の方が忙しい時期なので、仕事量としてはバランスが取れています。

でも・・・

車の保険や、毎年出しているイベントの広告代金、2年に1度の横浜出張、演奏会への差し入れや花束、家の共済・・・・この2ヶ月は大きな出費がどういう訳か重なってしまうので、7月までに稼いだお金が。(涙)
1年の前半後半で収支のバランスは良いとしても、あまりの出費にハラハラする毎日です。
posted by ハタヤン at 20:12| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

11月は

放置するにも程がある・・・気がついたら2ヶ月も更新をしていませんでした。

11月は某楽器店のイベントのために、ほとんど全ての週末が出張修理になっています。
20日と23日は仕事場にいますので、よろしくお願いします。
それ以外の週末も夜には時間を空けることが出来るかもしれませんので、お問い合わせください。

なんかバリバリの営業ブログですね。
posted by ハタヤン at 06:09| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

一等地?

今朝の新聞で知った「神戸 商店街・市場ガイド」を早速入手しました。
神戸の商店街活性化を目的に作られた、商店街のカタログみたいなガイドブックです。
これがなんと無料で、役所などで配布されています。
SH3E0108.JPG
夕方まですっかり忘れていまして・・・・17時10分頃に閉館していた連絡所をダメもとでノックしてみると、快く出てきてくれました。
ホント厚かましくてすみません。
まだパラパラと見た程度ですが、イベントや駐車場の情報などもあり、下手な旅情報誌よりも使える一冊のようです。


10月2日に神戸文化ホールで行われた「神戸JAZZ2010」に、いざというときのためにリペアのサポートとして参加してきました。
パンフレットに協賛として名前がクレジットされているのですが・・・・
SH3E0109.JPG
家に帰ってからパンフレットを見ていると・・・・・
うゎ〜!!  と思わず声を上げてしまうほどのとんでもない所に我が屋号が。
SH3E0110.JPG
「どんなけ大手やねん」と自分でつっこみを入れるほどの一等地!
両脇がビッグすぎます。
こんな場所、頂いちゃって良いんですか?

一応誤解無きように・・・
決して自社ビルが三宮にドーンと建っていたり、日本中に支店があったりということは有りません。
持ち家の6畳間でこぢんまりと営業していますので、あしからず。
なんか、高層ビルに挟まれた平屋建ての駄菓子屋みたいですね。

でも、技術とハートはお客様をがっかりさせないよう、常に世界レベルを目指して頑張っています。
posted by ハタヤン at 18:49| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。