こんにちは
管楽器リペアテクニシャンの畑田延浩です。

神戸市北区の田畑に囲まれた所で、
管楽器の修理と自然農での野菜作りをしています。

普段は常に一人で仕事をしていますので、
家族以外の話し相手がいません。

さびし〜

と言うことで、誰か話を聞いてください。

経営している管楽器の修理専門店
管楽器のメンテナンスショップHATADAの
ホームページはこちらです

2010年09月09日

D80 D80は鞄の中に

ずいぶんと時間が空いてしまいましたが、D80を購入してその後です。

最初の印象は「重い」
100gの差がこれほど大きく感じるとは思いませんでした。
早速タムロンのA06(28~300mm)を付けてみましたが、約1kgもあると鞄が重くて大変です。
暗いところ以外は何でもありな組み合わせではありますが、毎日持ち歩くのは・・・・。
1週間ほど考えた末、シグマの18~50mmを購入しました。
これで広角側の不足と重量の問題が解決です。
実質75mmでは少し物足りないかもしれないと思っていましたが、家族旅行で2日間使用した感想は「ベストフィット!」。
マニュアルでのピント合わせも容易で、すっかり気に入ってしまいました。
タムロンに比べてパリッとした画像は最初のうち違和感がありましたが、スナップ写真にはこのくらいが良いのかもしれません。


あ〜
ゆっくりと書いている時間がありません。
とりあえずここで終了
posted by ハタヤン at 13:49| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

デジタルデビュー前夜

別にこだわりでは無いのですが、過去にデータが消えてしまったトラウマからデジタル1眼レフを避けてきたのですが・・・・
最近周囲はデジタルがほとんどで、フイルムには無いデジタルの利点をちょっとうらやましく思うようになりました。

・フイルム残量を気にしなくて良い。
・フイルム交換時のタイムロス(自己ベスト約30秒)が無く、シャッターチャンスを逃さない。
・気兼ねなく連写できる。
・ISO感度を自由に変えられる。
・焦点距離が1.5倍。
・最新の交換レンズが使える。(フイルム非対応が増えてきました)
・ISO100〜200のフイルムが入手できる店が限られてきた。
・フイルム代、現像料が要らない。

あれ?
ほとんどフイルムに関することですね。

いつもはISO100のフイルムを入れて鞄に放り込みっぱなし。
気になった風景を撮るだけなので、1月以上もフイルムを使い切らないこともよくあります。
こんな使い方なので、よくよく考えてみたらデジタルの方が向いていますね。
フイルムだと残量を気にして、被写体にレンズを向けてから「あまり面白くないかも・・」とシャッターを押さないことも多いですが、デジタルならとりあえず撮ってしまっても良いのです。
ようし、撮りまくるぞ!

でも気になることも・・・

・広角側が絶対に不満になる。14mmくらいのレンズが必要?でも高価。
・フイルムで画質を変える楽しみが無くなる。
・重い。しかもモデルチェンジの度に重量が増える。
・過剰な機能が付いて来はじめた。ついにムービーまで・・・?
・すぐにモデルチェンジする、機能が進化する。
・昔のモデルにノスタルジーを感じない。
・でも性能はD50で十分。
・FM2で出来ないことは必要ないと信じている自分。
・デジタルデータは消えるときには瞬時に消える。

つまり
僕の中では、RAWで記録できるFM2が理想のデジ1なのです。

でも最近、デジ1の方が良いと痛感する撮影が連続しました。
・エアーショー フイルム交換の合間に見所が・・・
・夏祭り 夕暮れから電球下まで、ISO800で通すと・・・
・運動会 フイルム5本持ち運び、交換、とどめは現像料。

ということで、デジ1が有利な時は素直に使いましょう。
ならば性能で不足の無いD50でも・・・と購入間近なときに一つだけ問題を見つけてしまいました。
ファインダーが小さい、しかもペンタミラー。
ミラー自体は今サブで使っているuもミラーなので、それほど気にはなりませんが像が小さいのはマニュアルを多用するので、かなりの問題です。
FM10も小さいのでuに比べてピント合わせに苦労しますが、それよりも小さいと、想像するだけで左手が落ち着かなくなります。
そんなときにD80はプリズムで像も大きいことを知り、通常はあり得ないD50とD80が購入の天秤にかかることになりました。
実際にD80を手に取ると、ファインダーの見やすさに思わず感動。
問題はD50との中古価格差15000円。
同じ予算ならD50とレンズでも良いと、変なことで悩む日々を送っていました。

でもファインダーの見やすさに勝てる要素はありません。
D80に決定!
昨日注文しちゃいました。
今日か明日には近所のショップに届くはずです。
posted by ハタヤン at 05:43| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

オーディション

フォトコンテストの締め切りが近付くと、過去の写真を見直して候補をL判に2枚ずつ小さくプリントします。
以前はそれほど魅力を感じなかった作品も、時間が経って見直すと意外な魅力を発見したり、思い出とは離れた部分が面白かったりして、いきなり候補に再浮上することも良くあります。
今回も候補の大半は昨年の秋以降の作品ですが、2年前の物が2枚意外な輝きを持って復帰してきました。

締め切りまであと僅か、どれを出品しようか・・・えぇい!全部出しちゃおうか?
予算とのご相談。
posted by ハタヤン at 07:55| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

カメラを持ち歩くと

お出かけするときも、畑に行くときも、出来るだけカメラを持って行くようにしています。
特に今は紅葉が綺麗ですので、畑に持って行くと、農作業そっちのけで撮影に没頭してしまうこともあります。

長らく軽量コンパクトな50mmのレンズを使用していましたが、カメラ購入時に付属してきた35mm〜70mmのズームレンズの良さも分かるようになり、ここ数日はこちらを主に使用しています。
ちょっと長いので、鞄に入れると邪魔なのですが・・・・結構便利なレンズです。

カメラを持っていると、今まで何気なく見ていた景色を、無意識にじっくりと観察するようになりました。
今まで歩くこともなかった道を、遠回りしてでも通ってみようと思うようになりました。
無駄だと気にしなかったことが楽しみに変わり、気にも留めなかったことが凄い物だと感激する。
凝り固まった心を解放してくれる、不思議な道具です。
posted by ハタヤン at 07:28| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

残念・・・・え?

夏に投稿した写真コンテストの作品が帰ってきました。
返却されたと言うことは、入選しなかったと言うこと・・・5作品全てダメでした。
まあ、写真を初めて2年ですから、入選なんて簡単な事では無いことは良く分かっています。
憧れの大先生に、自分の作品を一瞬でも見て頂けるだけでも幸せです。

同封された入選作のリストと見比べても、まだまだですね、恥ずかしい限りです。
ん?
一枚だけ裏に赤いハンコが・・・・一次審査通過・・・え〜っ!
どうしてもこの先生に見てもらいたくて、テーマに合わせて少々強引に選んだ1枚でしたが、まさかの一次通過。
旅行のスナップなので、カメラ任せで撮ったのですが、作品として見ると、もう少しパンフォーカスで撮れば・・・・
教訓!
次回からは、全てのショットで気を(手を)抜かないように。
posted by ハタヤン at 07:13| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。