こんにちは
管楽器リペアテクニシャンの畑田延浩です。

神戸市北区の田畑に囲まれた所で、
管楽器の修理と自然農での野菜作りをしています。

普段は常に一人で仕事をしていますので、
家族以外の話し相手がいません。

さびし〜

と言うことで、誰か話を聞いてください。

経営している管楽器の修理専門店
管楽器のメンテナンスショップHATADAの
ホームページはこちらです

2012年04月08日

営業担当者に感謝

管楽器の修理をするのが仕事です。
どうすれば良い修理が出来るのか?
お客様が安心して演奏出来るように、技術力を高め、様々なセッティングの引き出しを増やすことが仕事であり、お客様の満足が次の仕事に繋がると願って、努力を続けてきました。
「職人」とよく言われますが、自分では恥ずかしくて「技術屋」と名乗ります。
いずれにしても商品は自分自身の「技術」です。

この自分が商品であることが曲者でして、見ず知らずの人に「自分を売る」ことは非常に難しいです。
せいぜい「私、管楽器の修理をしています。機会があれば、よろしくお願いします。」ていどです。
「世界一の技術を持っていますよ!」なんて自分の口から言えるとすれば、向上心を忘れた天狗だと思います。
技術力は周囲が評価するものですから、自分がどのようなレベルにいるかは自分では分かりません。
誰かが「あの人最高!」なんて紹介してくれれば、これほど嬉しいことはありません。
しかもこれ以上ないほど強力な広告になります。
技術屋にとって営業は専門外ですので、お客様の楽器と満足に営業を委ねるしかありません。
ホームページという「営業マン」を雇っていますが、彼は訪問者しか相手にしませんので、外回りが不在の状態で営業を続けていることになります。
幸いにして、多くのお客様が「管楽器のメンテナンスショップHATADA」について、周囲にお話しして下さっているようで、本当にありがたく思っています。

素晴らしい営業がウソにならないように、いつも「この瞬間が過去最高」を追求しています。
もしかしたら紹介して下さった人が嫉妬するかもしれないくらい、秒単位での進化を目指しています。
目と指先の間では常に緊張感が火花を飛ばしているかもしれませんが、それ以外では決して怖い人では無いと思っていますので、ぜひ「変な人知ってるよ」と話題にしてあげてください。
posted by ハタヤン at 07:41| Comment(2) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

3月の演奏会

こんな記事を書くとは思っても見ませんでした。

3月に、しかも1週間に3回もステージに上がります。

修理屋さんなのですが、こんなに吹いちゃって良いのでしょうか?
下手すると仕事を圧迫しそうなスケジュールです。

IMM発表会
3月24日 時間未定 すずらんホール
子供のピアノ発表会なのですが、何故か最初の音を発する大役を仰せ使いました。
中間と最後にも出演があるもようです。

Pochi ライブ
3月25日 19:30〜 明石 ライブハウス&レストランPochi
まさかの連投でビッグバンドでのデビュー戦!
クラシックの翌日にジャズ・・・アタマは無事に乗り切ることが出来るのか?

夢野台高等学校吹奏楽部定期演奏会 
3月27日 18:30〜 すずらんホール
これまた人生初のすずらんホール連続出演。
ジャズの次は映画音楽。
カメレオンのようにジャンルも演奏形態も変化しまくる1週間の総仕上げ。 


改めて文章にしてみると、無謀としか言いようがないですね〜。
なんと言っても譜読みが大変。当然ながら、かぶっている曲なんて無いですからね。
posted by ハタヤン at 13:34| Comment(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現役復帰

修理の仕事が忙しくなって、週末の時間が自由にならなくなったので、10年ほど前に吹奏楽団を退団しました。
それ以来、ラッパを吹くことも少なくなり、お客様からは「サックスが専門ですか?」なんて言われてしまうくらい、木管楽器は毎日のように検品という名目の基礎練習を繰り返す日々。
金管楽器は動くところが動けばOkなので、試し吹きしなくても良いのです。

ところが、運命とは不思議な物で。
ライブハウスで知り合った人から一緒に演奏しようと誘われて、軽い気持ちでラッパを吹いてみたら、自分が情けなくなるくらい思うような音が出ず。
役員だからと頑張って出演した高校のOB吹奏楽団でも、音を並べるのが精一杯。
「やっぱり10年も吹かなかったらダメかな〜」なんて思っていたら、今度は鼻の下のどうしても上手く剃れない髭を、いつもと違うカミソリの持ち方でトライしたら、唇を切ってしまいました。
「最悪だーっ!」と思いながらも、キズが塞がった後にラッパを吹いてみたら、いつもと感覚が違う!
なんといきなり、今までの限界よりもオクターブ上が楽にでた!
何かを変えたつもりはないのですが、キズを避けるために無意識に何かが変わったみたい。

それ以来演奏が楽しくて。
ライブも定期演奏会も気持ちよくこなしたことで自信がついて、毎日のように練習するようになりました。
それから2年。
タイミングを待っていたかのように、ビッグバンドからお誘いを頂きました。
(やっと本題です)
アマチュアながら2ヶ月に1回のライブを欠かさず、演奏も非常にハイレベルなオーケストラです。
最初は自分が入ってしまって良いのか躊躇しましたが、あまりにも出来すぎたタイミングなので、運命と受け止めてお世話になることにしました。
頂いたレパートリーは、覚悟はしていましたが・・・いやはや。
でも「立ち向かうこと」がポリシーなので、課題を一つ一つ探り出すような練習を続けています。

初ライブは3月25日
場所はここhttp://www.pochi-live.com/
さて、どうなることやら。
posted by ハタヤン at 13:19| Comment(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

月曜大工

定休日が月曜日なので、タイトルも「月曜大工」で。

昨年の春に、納屋の改装のために一時的(のつもりでした)に雑多な物を放り込んだままになっていた物置、ずっと気になっていたのですが、手を付けずにまもなく1年になってしまいます。
これではいけないな〜と、ぼんやりと改装案を考えながら過ごしていたのですが、雨天時の洗濯物を干す場所にしようと決まってから、少しずつ動き始めました。

まずは何を置いても中のを空にしないといけませんので、一気に大放出!
おそらく8割以上は2度と使うことの無さそうな・・・・捨てるのも大変かも。
昭和16年と記載のある古い農器、子供の頃機械へのあこがれの象徴だった発動機などは、納屋の軒下にパレットを置いて、何気なくディスプレーしてみました。
子供のためにね!

柱と屋根だけの建物なので、強風よけとして腰の高さまでベニアを貼って、簡単な壁を作りました。
昔、イネの苗を育てる時に使っていたビニールシートが出てきたので、そのまま土の上に敷いて床の代わりにしました。
壁にしたベニアも、その場にあった物です。
これでゴミが少し削減(廃棄の先送り?)出来ました。

ずいぶんと前に購入して、段ボールすら空けていないスチールラックが出てきたので、組み立てて壁面に置きました。
これで一気に使える建物に見えてきましたね。
あとは屋根をトタンから透明な波板に交換すれば、全天候型物干し小屋の完成なのですが、時間切れ。
放り出した物を全て押し込んで・・・外観は改装前に逆戻り。

続きはいつ出来るのかな?
posted by ハタヤン at 16:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

お得意様限定の・・・

管楽器のメンテナンスショップHATADAは管楽器の修理専門店ですが、お客様のご要望にお応えしていくつかのサービスを行っています。
でも、あくまで修理のお客様へのサポートを目的にしていますので、お得意様にしか存在をお伝えしていません。

密かに人気を集めつつあるそのサービスとは?
・・・・・ナイショ。
posted by ハタヤン at 17:31| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

新年

あけましておめでとうございます。
新年も10日過ぎ、仕事もボチボチ始まって・・・なんてのどかな状況ではなく、いきなり全開で爆走中の年明けです。
本当にありがたいことで、こんな田舎の修理屋さんに足を運んで下さるお客様には、感謝の気持ちで一杯です。
感謝のあまり、ついついサービスしてしまいます。
いいんです、お客様が満足して笑顔で帰って下されば、これ以上の報酬はありません。

お金の為に仕事をすると、不思議と仕上がりに出てしまいます。
お客様には分からなくても、僕自身の心には見えてしまうのです。
だからこそ、常に最善を目指して作業しています。
時には自分に厳しすぎて、お客様を長く待たせてしまうこともあります。
もっと速く作業出来れば、と悔しいときもあります。
でも、お客様が首をかしげてお帰りになる後ろ姿を見送るくらいなら、笑顔で帰って頂きたいので、時間とお金のことを作業中に考えることはありません。
経営者としては、全く能力のない不適格者かもしれません。
だからといって、器用にお金を稼ごうとも思いません。
お金は仕事と信頼の後から笑顔に抱かれて付いて来てくれれば、これほどありがたいことはありません。
反対に策略と不信感に肩車されたお金は、怖くてとても手に入れようとは思えません。

新年早々、堅い話で申し訳ありません。
ちょっと時間があると、自分のあり方について考えてしまいました。
上記は自分が求めて歩いてきた道で、これからも歩くべき道だと信じています。
年始にあたり、今年の目標という意味で、ここに記してみました。

滅多に書くことにない、マジメな内容でした。
posted by ハタヤン at 16:30| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

ピアノ! 天竜の魂が入室

結婚した時に購入して、入籍から4ヶ月程後に行った結婚式二次会のネタ合わせから、今年ピアノを始めた長女の最初の楽器まで、10年間活躍してくれた電子ピアノが壊れてしまいました。
電気機器ですので分かってはいましたが、回路の故障であっけない最後でした。

ピアノが無くなっても、子供のレッスンは毎週あるので、のんびりしている訳にはいきません。
1年続いたらアップライトピアノを買う予定にしていましたが、急遽半年前倒しして大急ぎで探し始めました。

当初、KAWAIで総額20万円弱の中古が候補になっていましたが、楽器店で在庫表を見ているとETERNAが!
YAMAHAのブランド名としてETERNAをご存じの方も多いかもしれませんが、元々は1969年にヤマハと合併した「天竜楽器製造」のブランドです。
ヤマハのエテルナなら興味はありません。(ヤマハさんゴメンナサイ)
天竜楽器ならば迷う必要はありません!
と言うことで楽器店に確認すると・・・天竜楽器・・・即決!
DSC_5006.JPG
DSC_5007.JPG
家族の練習のみならず、お客様にお貸しするスタジオなので、ちょっと面白いピアノを入れたかったのです。
60歳以上の方なら知っている。(?)
知らない人は全く知らない。
でも、非常に良い楽器。
奇跡的なほど最高な逸品を入手出来ました。
DSC_5008.JPG
ピアノのデザインに興味がある人は気が付いたかもしれませんが、この楽器「猫足」なんです。
すごいでしょ〜!
・・・何が凄いか分かりませんか?
では、楽器店で「黒の猫足ありませんか?」と聞いてみて下さい。
ほかにもトップの蓋が丸く面取されていたり、デザインの細部に手が込んでいます。
ピアノの弾けない僕ですが、技術者の目線で見ていても楽しいピアノです。
DSC_5009.JPG

出会いあれば別れ有り
10年間の思い出が詰まった電子ピアノは、新しいピアノを運んできたトラックでお別れになりました。
形見では無いですが、椅子だけはスタジオに残って、親子、もしかしたら姉妹での連弾に末永く活躍してくれます。
DSC_5003.JPG

さあっ!
木工の町「天竜」が産んだ逸品が、どのような音色なのか?
是非スタジオに遊びに来て下さい。

・・・調律がまだなんです・・・それがまた良い味を醸していることも確かなのですが。
12月初めに調律の予約が取れました。
面白いのは今のうちですよ〜   なんのこっちゃ


また自分よりも年上の楽器が増えてしまいました・・・・。
別にビンテージ趣味では無いつもりなのですが。
posted by ハタヤン at 06:28| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

新島

月曜日は一応の休日として、普段は手が出せない雑多な用事を済ませる日と決めています。
ちょっと遠方への買い物だったり、時間のかかる調べものや勉強だったり・・・。
でも、時々全く何も用事が無い日もあります。
昨日がそうでした。
天気がよいので畑に行くことも考えましたが、心を鬼にして(?)「定休日」を敢行!
特に予定も立てずに、釣り道具とカメラと弁当を持ってGo!

引き潮で東向きに潮が流れているので、東向きに突堤のある二見人工島に行くと、工事中で釣りが出来ず。
隣の新島に移動して、人もまばらな南向きのテトラで釣り始めました。
そう・・・南向き・・・3gのジグヘッドでも潮に流されて釣りになりません。
すっかり引き潮だということを忘れていました。
右に投げたのに、ワームは左から戻ってきます。

子供の頃、近所の渓流でスピナーベイトを投げていた時みたいですね。
でも底が取れない状態で根魚狙いは成立しそうにないので、思い切ってタックル変更。
ロッドケースに忍ばせてあった1.5mの片手投げ竿に、何故かタックルケースに入っていた3号の中通しオモリを付けた「ぶっ込み釣り」仕掛けにワームをセット。
右前方に投げ込んでも、1分くらいで左側に流れてテトラで止まります。
止まったら根掛かりする前に巻き上げて、右へキャスト。

で、釣れたのが10cmくらいのガシラ。
当然リリース。
結局1時間でこの1匹。
ますます流れが速くなってきたので、釣りを諦めて昼食。

そう言えば的形を何度も通っているのに「小赤壁」に行ったことが無いので、少し足を伸ばして見ました。
なんか「このまま行くと誰かの農地で行き止まり?」といった不安に襲われる上り道を抜けると、突然駐車場。
ここに至ってもこれと言った案内もなく、展望台らしき建物を目指して階段を上るとようやく海が見えました。
でも肝心の「赤壁」が見あたりません。
開けた公園のような場所を東西にウロウロ・・・西の端には神社があり、下に降りられそうな路は通行止め!
東側は何の案内もない山道が延びています。
とりあえず行ってみますが、海岸に降りていく気配もなく、諦めて帰りかけると何となく降りられそうな岩が目に入りました。
両手両足でしがみついて、ようやく安全が確保出来るような道(?)ですが、ここまで来たのでとりあえず降りてみます。
またもや子供の頃の記憶、山でこんな遊びしていましたね。
20mほど降りたところで「道」は途絶えました。
ロープがあった痕跡はありますが、そこから先はリポビタンDの領域のようです。
ちょっとスリリングでしたが、最高の眺めを独り占め出来ました。
もちろん写真にも納めています。

で、帰り道でタマネギの苗を400本購入。
あ〜一気に現実に戻った!

帰ってから地図を見て・・・もう少し西に走って中島まで行けば東向きに竿を出せたのね。
posted by ハタヤン at 22:56| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

バランス

例年、修理の仕事が少ない時期です。
文化の日前後1ヶ月が、なぜだか一番ヒマなんです。
神戸では「元町ミュージックウィーク」や「神戸Jazz」や「Jazzストリート」や「神戸市吹奏楽祭」や、各高校の文化祭に市民バンドの発表会・・・etc、文化活動は活発な10月・11月です。
何故なのでしょう?
練習が忙しくて、調整どころでは無いのでしょうか?

原因は分かりませんが

農業の方が忙しい時期なので、仕事量としてはバランスが取れています。

でも・・・

車の保険や、毎年出しているイベントの広告代金、2年に1度の横浜出張、演奏会への差し入れや花束、家の共済・・・・この2ヶ月は大きな出費がどういう訳か重なってしまうので、7月までに稼いだお金が。(涙)
1年の前半後半で収支のバランスは良いとしても、あまりの出費にハラハラする毎日です。
posted by ハタヤン at 20:12| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

お出かけ前に

親子4人とも何らかのアレルギー持ちなので、お出かけの前に飲食店の下調べが欠かせません。
バイキングがあれば悩むこともなく楽なのですが・・・。

今日も連休のお出かけのために、仕事の合間にメニューを調査。
だいたいはうどん屋さんが無難なのですが、昼と夜を外食するとなると、さすがに2回ともうどんという訳にもいきません。
最近はサービスエリアや道の駅のメニューが良いので、調べているうちに3食でも4食でも食べたくなってしまいます。

とりあえず昼はほぼ決定。
夕食、どうしましょうか?
家の近くまで帰ってきてからでもOK。
・・・となると、いつものK鮨か?・・・でも遠回り。

タイムリミット迫る!
posted by ハタヤン at 17:43| Comment(0) | ドライブ・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。