こんにちは
管楽器リペアテクニシャンの畑田延浩です。

神戸市北区の田畑に囲まれた所で、
管楽器の修理と自然農での野菜作りをしています。

普段は常に一人で仕事をしていますので、
家族以外の話し相手がいません。

さびし〜

と言うことで、誰か話を聞いてください。

経営している管楽器の修理専門店
管楽器のメンテナンスショップHATADAの
ホームページはこちらです

2011年11月20日

ピアノ! 天竜の魂が入室

結婚した時に購入して、入籍から4ヶ月程後に行った結婚式二次会のネタ合わせから、今年ピアノを始めた長女の最初の楽器まで、10年間活躍してくれた電子ピアノが壊れてしまいました。
電気機器ですので分かってはいましたが、回路の故障であっけない最後でした。

ピアノが無くなっても、子供のレッスンは毎週あるので、のんびりしている訳にはいきません。
1年続いたらアップライトピアノを買う予定にしていましたが、急遽半年前倒しして大急ぎで探し始めました。

当初、KAWAIで総額20万円弱の中古が候補になっていましたが、楽器店で在庫表を見ているとETERNAが!
YAMAHAのブランド名としてETERNAをご存じの方も多いかもしれませんが、元々は1969年にヤマハと合併した「天竜楽器製造」のブランドです。
ヤマハのエテルナなら興味はありません。(ヤマハさんゴメンナサイ)
天竜楽器ならば迷う必要はありません!
と言うことで楽器店に確認すると・・・天竜楽器・・・即決!
DSC_5006.JPG
DSC_5007.JPG
家族の練習のみならず、お客様にお貸しするスタジオなので、ちょっと面白いピアノを入れたかったのです。
60歳以上の方なら知っている。(?)
知らない人は全く知らない。
でも、非常に良い楽器。
奇跡的なほど最高な逸品を入手出来ました。
DSC_5008.JPG
ピアノのデザインに興味がある人は気が付いたかもしれませんが、この楽器「猫足」なんです。
すごいでしょ〜!
・・・何が凄いか分かりませんか?
では、楽器店で「黒の猫足ありませんか?」と聞いてみて下さい。
ほかにもトップの蓋が丸く面取されていたり、デザインの細部に手が込んでいます。
ピアノの弾けない僕ですが、技術者の目線で見ていても楽しいピアノです。
DSC_5009.JPG

出会いあれば別れ有り
10年間の思い出が詰まった電子ピアノは、新しいピアノを運んできたトラックでお別れになりました。
形見では無いですが、椅子だけはスタジオに残って、親子、もしかしたら姉妹での連弾に末永く活躍してくれます。
DSC_5003.JPG

さあっ!
木工の町「天竜」が産んだ逸品が、どのような音色なのか?
是非スタジオに遊びに来て下さい。

・・・調律がまだなんです・・・それがまた良い味を醸していることも確かなのですが。
12月初めに調律の予約が取れました。
面白いのは今のうちですよ〜   なんのこっちゃ


また自分よりも年上の楽器が増えてしまいました・・・・。
別にビンテージ趣味では無いつもりなのですが。
posted by ハタヤン at 06:28| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

新島

月曜日は一応の休日として、普段は手が出せない雑多な用事を済ませる日と決めています。
ちょっと遠方への買い物だったり、時間のかかる調べものや勉強だったり・・・。
でも、時々全く何も用事が無い日もあります。
昨日がそうでした。
天気がよいので畑に行くことも考えましたが、心を鬼にして(?)「定休日」を敢行!
特に予定も立てずに、釣り道具とカメラと弁当を持ってGo!

引き潮で東向きに潮が流れているので、東向きに突堤のある二見人工島に行くと、工事中で釣りが出来ず。
隣の新島に移動して、人もまばらな南向きのテトラで釣り始めました。
そう・・・南向き・・・3gのジグヘッドでも潮に流されて釣りになりません。
すっかり引き潮だということを忘れていました。
右に投げたのに、ワームは左から戻ってきます。

子供の頃、近所の渓流でスピナーベイトを投げていた時みたいですね。
でも底が取れない状態で根魚狙いは成立しそうにないので、思い切ってタックル変更。
ロッドケースに忍ばせてあった1.5mの片手投げ竿に、何故かタックルケースに入っていた3号の中通しオモリを付けた「ぶっ込み釣り」仕掛けにワームをセット。
右前方に投げ込んでも、1分くらいで左側に流れてテトラで止まります。
止まったら根掛かりする前に巻き上げて、右へキャスト。

で、釣れたのが10cmくらいのガシラ。
当然リリース。
結局1時間でこの1匹。
ますます流れが速くなってきたので、釣りを諦めて昼食。

そう言えば的形を何度も通っているのに「小赤壁」に行ったことが無いので、少し足を伸ばして見ました。
なんか「このまま行くと誰かの農地で行き止まり?」といった不安に襲われる上り道を抜けると、突然駐車場。
ここに至ってもこれと言った案内もなく、展望台らしき建物を目指して階段を上るとようやく海が見えました。
でも肝心の「赤壁」が見あたりません。
開けた公園のような場所を東西にウロウロ・・・西の端には神社があり、下に降りられそうな路は通行止め!
東側は何の案内もない山道が延びています。
とりあえず行ってみますが、海岸に降りていく気配もなく、諦めて帰りかけると何となく降りられそうな岩が目に入りました。
両手両足でしがみついて、ようやく安全が確保出来るような道(?)ですが、ここまで来たのでとりあえず降りてみます。
またもや子供の頃の記憶、山でこんな遊びしていましたね。
20mほど降りたところで「道」は途絶えました。
ロープがあった痕跡はありますが、そこから先はリポビタンDの領域のようです。
ちょっとスリリングでしたが、最高の眺めを独り占め出来ました。
もちろん写真にも納めています。

で、帰り道でタマネギの苗を400本購入。
あ〜一気に現実に戻った!

帰ってから地図を見て・・・もう少し西に走って中島まで行けば東向きに竿を出せたのね。
posted by ハタヤン at 22:56| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

バランス

例年、修理の仕事が少ない時期です。
文化の日前後1ヶ月が、なぜだか一番ヒマなんです。
神戸では「元町ミュージックウィーク」や「神戸Jazz」や「Jazzストリート」や「神戸市吹奏楽祭」や、各高校の文化祭に市民バンドの発表会・・・etc、文化活動は活発な10月・11月です。
何故なのでしょう?
練習が忙しくて、調整どころでは無いのでしょうか?

原因は分かりませんが

農業の方が忙しい時期なので、仕事量としてはバランスが取れています。

でも・・・

車の保険や、毎年出しているイベントの広告代金、2年に1度の横浜出張、演奏会への差し入れや花束、家の共済・・・・この2ヶ月は大きな出費がどういう訳か重なってしまうので、7月までに稼いだお金が。(涙)
1年の前半後半で収支のバランスは良いとしても、あまりの出費にハラハラする毎日です。
posted by ハタヤン at 20:12| Comment(0) | 楽器修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

お出かけ前に

親子4人とも何らかのアレルギー持ちなので、お出かけの前に飲食店の下調べが欠かせません。
バイキングがあれば悩むこともなく楽なのですが・・・。

今日も連休のお出かけのために、仕事の合間にメニューを調査。
だいたいはうどん屋さんが無難なのですが、昼と夜を外食するとなると、さすがに2回ともうどんという訳にもいきません。
最近はサービスエリアや道の駅のメニューが良いので、調べているうちに3食でも4食でも食べたくなってしまいます。

とりあえず昼はほぼ決定。
夕食、どうしましょうか?
家の近くまで帰ってきてからでもOK。
・・・となると、いつものK鮨か?・・・でも遠回り。

タイムリミット迫る!
posted by ハタヤン at 17:43| Comment(0) | ドライブ・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

本当に久しぶりの・・・・

もともと筆無精な上に、仕事場の引っ越しで6月からインターネットに繋がらない状態だったので、前の日記からものすご〜く間が空いてしまいました。
皆さん覚えてくれているでしょうか?
ここまで完全に言い訳ですよ〜。

言い訳にも書きましたが、実は仕事場の引っ越しをしました。
と言っても住所は変わらない、稲作を辞めて使わなくなった納屋の一階に、8畳の作業スペースと5.5畳の防音室を作りました。
巨大な物置になっていた2階も3部屋の洋間と無駄に4畳もある踊り場、ウオーキングクローゼットとおしゃれに大改装!
まるで日曜日ゴールデンタイムの人気番組みたいな大変身なのに、外観は殆ど変化無しのビフォアー・アフター(えっ・・・タイトル言ってる?)で心機一転。
「今度こそは散らかさない」と誓った引っ越しから3ヶ月、だんだん雑になってきたような・・・気を付けないと。
2階は家族のスペースです。念のため。

散らかってしまう前に・・・
こんな感じになりました
DSC_4445.JPG
実際に作業するスペースは机もそのままで、前の仕事場より増えた2畳は、そのままお客様のくつろぎスペースになっています。
お子様連れや家族でご来店するお客様が多いので、以前の2畳弱のスペースではいつも窮屈な感じで、申し訳なく思っていたのです。
今度は3畳ありますよ。
机も置いて、もちろん人気(=これしかなかった)のソファーもあります。
お客様のいないときは家族がくつろぎに来るほど、狙い通りの居心地の良い空間になりました。
実はテーブルの椅子から見える窓の外が凄いんです。
上の写真が正にそこから撮ったのですが、光って何も見えませんね。
さて、どのような風景なのか、是非見に来て下さい。

そして防音室。
DSC_4441.JPG
ドラムセット入れちゃいました!
天井が低くて2大メーカーの既製品が入らず、ずいぶんと悩んでいたのですが、千葉のピアノハンズhttp://echo.ruru.ne.jp/piano/index.htmさんにフルオーダーでお願いした結果、こちらのワガママを全て聞き入れて下さり、驚きと快感の音響空間が完成しました。
5人程度のアンサンブルも可能です。
時間貸しにしていますので、個人練習からパート練習、ストレス発散の「やっほー!」まで、どうぞご利用下さい。

以上、近況報告・・・・ではなく宣伝・・・でした。

リフォームの様子は、思い出したらアップする予定です。
posted by ハタヤン at 11:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

良く書けてはいるが・・・

下の子が保育園で描いた絵
テントウムシと言うことですが・・・・

模範例はこんな感じ
SH3E0153.JPG

娘のは
SH3E0154.JPG
これ、たこ焼き?
posted by ハタヤン at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

防災訓練?

災害後の買い溜めで被災地ではない地域でも品薄になる商品がでる!
思っても見ないことでしたが、実際に関東のスーパーから食料品が消えた現実を知り、緊急時に備えて田舎風防災訓練を決行しました。

今年の冬から薪の備蓄を始めているのですが、食料品が手に入らないと薪があっても煮炊き出来ません。
そこで目を向けたのが「山菜」と呼ばれる、いわゆる雑草たちです。
普段なら抜き取って畑の畝に乾燥防止を兼ねて捨てているのですが、いざというときに食べられる草とシンプルな食べ方を知っておくと、緊急時に役に立つのではないかと思い早速実行。
イヤになるほど沢山ある雑草ほど食料と考えると有望なので、代表格とも言える「カラスのエンドウ」にチャレンジしてみました。

先端10cm程を丁寧につみ取って(日常の農作業ではむしり取る!)塩で湯がいてみると、これ旨いよ!
アブラムシが多くて食べるまでかなり面倒ですが、積極的に食べたくなるくらい美味しいです。

これはクセになりますね。
ナズナ、ヨメナ、ギシギシ、田平子・・・ようし、どんどん挑戦だ!
posted by ハタヤン at 11:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

初スキー

6歳の長女がスキーデビューしました。
スキー場はいろいろと考えましたが、近いことと規模が小さいことで若杉高原に行ってきました。

僕自身も15年ぶりのスキーなので、道具もウエアも何も無し。
現地で6000円(子供は5000円)で全部借りられるので、ぶらっと立ち寄っても大丈夫なんですね。
神戸から中国自動車道と国道29号線で約3時間。
直前の新戸倉スキー場も好きなコースですが、今回は雪が少なかったのでパス。
相当な峠道をクネクネと走りながら、そろそろ不安になってきた頃に突然ゲートが!
前後の車も目的地は同じ・・・ちょっと不安が・・・・的中!2月最後の日曜日だからか、第4駐車場に回される程の大混雑。
レンタルウエアも残り少なくて色が選べない!
緑か黒・・・敢えて緑
子供用は赤があった!
出てきた板が短いですね。以前は身長+10cmでしたが、今は−10cmなのですか。
15年も間が開くと色々と浦島太郎な部分が出てきます。

さて、ゲレンデに出て最初に学ぶべき大事な技術は?
転ぶこと!
板を履く前に、山の方に転ぶということを徹底的に練習しました。
最初は雪の上に倒れるのが怖かったみたいですが、直ぐに慣れて雪まみれ。
次に板を履いて・・・滑って立てないと思いきや、意外に普通に立てるようです。
そのまま足踏みさせてみても、しっかりと板を持ち上げることが出来ました。
そしてまたまた倒れる練習。板があると立つのが難しい!
でも子供は直ぐに出来るんですね。
ボーゲンの形を教えて、危ないと思ったら直ぐに倒れて止まることを約束して、人気のない方向にスタート!
ここで一番の心配事は?
15年ブランクのある僕が滑ることが出来るのか!
・・・出来ました。良かった
娘は1mに1度は倒れて止まるを繰り返しながらも、それなりに楽しんでいるみたいです。
直ぐに投げ出すかもしれないと思っていたら、1時間も滑っていました。
それでもさすがに飽きて来て、アイテムをソリにチェンジ。
真っ直ぐしか滑らないソリをスキーで追っかけることになるとは。
でもリハビリにはちょうど良いかもしれませんね。
斜面が緩いのでパラレルでもユルユルと進みます。
昼食を挟んで3時間でしたが、汗びっしょりになるほど楽しみました。

若杉高原を選んだもう一つの理由
ゲレンデに温泉がある!
汗をかくとは思っていませんでしたが、雪で冷えた体を温めて帰ることが出来るのはうれしい限りです。

帰りは国道9号線と舞鶴若狭道で、やはり3時間ほど。
手ぶらでスキーに行って、親子2人で15000円使わなかった!
posted by ハタヤン at 11:42| Comment(0) | ドライブ・旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

最近給油する場所が減ってきた・・・

セルフ式のガソリンスタンドを使用しないと決めています。
安価なことが利用者にとって最大のメリットかもしれませんが、1リットルあたり数円をケチることで一人の雇用が失われていると思うと、給油してくれる人に1回200円くらい支払っても良いのではないかと思うのです。
僕自身が技術料金で生活しているからこそ、そう思うのかもしれません。

サービスや技術に対する対価の支払いを安く押さえようと望むと、それだけの雇用が失われます。
企業が生産コストを抑えようとすると、賃金の安い国に雇用が取られます。
今の日本の不景気は、結局のところ一人一人の過剰な節約意識が原因ではないかと思うのです。

一方で、気持ちよく代金を支払うことの出来る商品やサービスが少ないような気がします。
ガソリンスタンドで窓ガラスを拭いてくれても、余計に見難くなるような仕上がりではセルフの方が良かったと思ってしまいます。
お金をもらっているのなら、プロとしてのプライドが必要です。
サービス=無料=適当ではいけません。
たとえ窓ふきが無料サービスであったとしても、喜んでお帰りいただけるように全力で行うと、次回の来店やクチコミに繋がるのでは無いでしょうか?

もちろん自分の仕事にも当てはまることですので、常にお客様が満足してお帰りになるように留意しています。
多くの楽器店が行っているように「自店で購入の楽器は調整無料」というサービスは、楽器販売をしていませんので無理な話です。
無料に勝る満足は?
全力投球!
加えて、お客様一人一人の情報を記録し、常に最適なコンディションを提供出来るように努めています。
小規模だからこそ出来るサービスを追求しています。

宣伝はこれくらいで・・・

僕自身は最近、妥協して物を買うことを極力止めるようにしています。
「少しデザインに不満があるけど、安いからいいか・・・。」
「品揃えはよいけど、店員の接客が高圧的。」
「近くにはこの店しかないから」
この3店舗には立ち寄らないことにしました。
反対に「説明のハッキリとした歯医者」「デザイン・縫製共に基準以上の衣服」「店の前を通るだけでも挨拶をしてくれるカメラ屋さん」に決して安くはない、しかし十分納得の出来る代金を支払いました。
いずれの店も、競合店よりも値段は高いのですが非常に繁盛しています。
何がそれほどお客様を引き寄せるのか?
実際にサービスを受けて勉強になるので、決して高い支払いとは思いません。
集客は結局の所、値段ではなく「人」なんですね。

・・・自分はどうなのかな?
posted by ハタヤン at 14:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

葵鶴

隣の三木市ですが、我が家から最も近い「地元」の蔵です。

720ml1000円でおつりの来るリーズナブルな純米酒が非常にバランスの良い味で、お気に入りの食中酒です。
でも特別なときには少し奮発して1470円の純米生原酒「山田錦しずく」をセレクト。
爽やかな発砲感と僅かに残る甘みでついつい一気に飲み込んでしまいますが、純米のパンチが喉に一発ドン!
特に肉料理に最高です。
これが季節限定ではなくレギュラー商品!

葵鶴の酒は三木市ではどこの酒屋にでも置いてあるくらい地元密着。
神戸市ながら我が家から3キロほどの酒屋でも、灘の有名蔵なみにいつでも入手出来る幸せ。

蒜山で買ってきたソーセージが今夜のおかずなので、迷わず「山田錦しずく」を買ってきました。

4月末には花粉症のシーズンに入り、薬を飲み始めたら梅雨入りまで禁酒(数日の例外有り)なので、症状が出るまで奮発しますよ。


葵鶴http://www.aoitsuru.co.jp/
posted by ハタヤン at 16:44| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする